FC2ブログ

トリプルスレットならディフェンスに読まれない

トリプルスレットができていない人が多いです。技術が足りていない人ほど、トリプルスレットを軽視しているような気がします。上級者でも意識している人は少ないのかもしれませんが、多くの上級者はより効率的な動きを追求しているので、自然とトリプルスレットの形になっていますよね。

トリプルスレットというのは「パス、ドリブル、シュートが、どれでもすぐできる姿勢」のことです。1つの姿勢から3つの動作が行える。ディフェンスは的をしぼれませんね。

トリプルスレットができていない人というのは、「パスの姿勢」「ドリブルの姿勢」「シュートの姿勢」がバラバラです。だからディフェンスは「絶対シュートしないな」ってのがわかるし、「ドリブルする気ないな」ってのがわかります。絶対シュートしないなってわかっていれば、少し引いてパスカットを狙ったりできるし、絶対ドリブルしないなとわかっていれば、距離を縮めてプレッシャーをかけることもできます。

オフェンスはボールを持ったら常にトリプルスレットの姿勢を維持するように心がけたほうがいいです。逆にディフェンスはオフェンスのトリプルスレットを崩すくらいプレッシャーをかけて、選択肢を少なくできるといいかもしれませんね。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top